お役立ちコナー

ドイツでアパートを借りる事情:礼金の新法律とその影響

ドイツではアパートを借りるとき家主から直接アパートを借りるケースと不動産会社経由借りるケースがあります。
今回不動産会社経由のケースについて話したいと思います。
ドイツの都会が大きければ大きいほど、賃貸物件への需要は高いです。一つの物件に対して希望者がたくさんあり、競争は激しいです。このため、物件に入居できるように借主は礼金(2か月分の家賃+19%VAT)を素直に払っていたのは2015年6月までの一般的な事情でした。ただし2015年6月1日に新しい法律が有効になりました。   [続きを読む...]

ドイツ賃貸者保護協会について

ドイツにお越しになっている皆様のほとんどは賃貸住居に住んでいらっしゃると思います。賃貸住居に長く住むほど様々な問題が発生し、大家さんに相談して解決してもらう必要性が出てくるかと思います。万国共通だと思いますが、大家さんとの意思相通がうまく行かない場合が出てくるでしょう。   [続きを読む...]

ドイツ育児支援制度:子供手当について

ドイツで導入されている育児支援制度は多面的で、さまざまな金銭的支援措置があります。残念ながら外国人の場合は、滞在許可の種類、滞在期間などの要素によってこれらの措置を受ける対象に当てはまらないことが多いです。
今回は外国人でも制限なく受けられる金銭的支援措置である子供手当(Kindergeld)についてご紹介いたします。   [続きを読む...]

ドイツに到着する

フランクフルト空港敷地内には2つのターミナル、ターミナル間を結ぶ「スカイライン」など、ヨーロッパ屈指の規模と設備を備えています。1日の発着便数は約1200便にものぼ り、ドイツ最大の空の玄関口としては欧州で3番目、世界では11番目に大きい空港です。空港からは長距離電車(ICなど)や短距離電車(Sバーン)が運航しており、フランクフルト市内およびその他のドイツの都市へスムーズに移動できます。   [続きを読む...]

ドイツ入国のために必要な書類

2000年以降、ドイツに入国する日本国籍保持者は観光ビザを取得する必要がなくなりました。観光以外の目的で90日以上滞在する場合は、ドイツ入国後に適切な滞在許可を申請する必要があります。   [続きを読む...]

ドイツへの到来:初期手続きと手順

ドイツへの到来:初期手続きと手順
ドイツに来てからどんな手続きそしてどんな順番で始めればいいかよく聞かれます。
下記に弊社の経験に基づき基本的な手順を纏めてみました。もちろん、それぞれの場合は違うので下記のプランを100%当てはめることができないかもしれませんが、行動のヒントとして使ってみてくださいね。   [続きを読む...]

ドイツで自営業をするために必要な滞在許可の種類と取得方法

ドイツは個人事業主として事業を開設するのは比較的に 容易ですが、EU加盟国出身者ではない外国人には追加の障壁があります。問題となるのは滞在許可(Aufenthaltserlaubnis)です。滞在許可といっても滞在目的によってその種類は異なります。ドイツ滞在法には、滞在中の活動の範囲および滞在許可の取得の条件を定められています。自分の滞在許可カードを見ればドイツで滞在中の活動として一体何が許可されているかがわかります。下記の画像の四角に回答が掲載されています。   [続きを読む...]